電子スピンサイエンス学会で発表

電子スピンサイエンス学会というところで講演をしてきました。プラズマ屋さんの私は特に関係がなさそうな学会なのですが、たまたま知っている人に呼ばれてシンポジウムで講演させていただきました。実験装置としては電子スピン共鳴装置を使っているので、まあ関係しているといえば関係してまして、学会にも入っているんですが、一般講演もしたことがないのにいきなりシンポジウムでの講演となりました。最近、そういうパターンが増えつつありますね。比較的、わかりやすい研究内容なのでウケが良いみたいです。ただ、異分野の方からの質問は結構きびしかったりすることもあって、「うちの分野だと○○○で評価するんだけど、あなたのはどうなの?」みたいな質問がきちゃったりするとどうしようもなかったりします。比較的、プラズマ以外の勉強もしてるつもりなのですが、なかなかねぇ。とはいえ、いろんな分野の研究者と話をするのは刺激になって良いです。

カテゴリー: 研究 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です